MENU

インプレッサがついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

つい先日初めての車だったTOYOTAのヴィッツからSUBARUのインプレッサに乗り換えました。自宅は峠道が多い地域で1000ccのヴィッツでは登坂能力に乏しく苦労をしていました。初めて乗った車でしたので年式も古くエンジンの不調もあり買い替えることになり現在の車を選びました。新しい車はインプレッサでADWの2000ccとパワーも十分、峠もなんなく登っていきます。
ですが性能差よりも「SUBARU」に乗っていることにとても喜びを感じています。

 

排気量や性能を見るのであればTOYOTA車にも同等の性能を持った車がいくつもあるかと思います。今回買い替えるにあたって一番重要だったのは「SUBARUの車に乗りたい」ということでした。なぜかというと、ただの「イメージ」です。「SUBARU」のイメージが好きでスバリストになりたいと憧れていました。今回購入したインプレッサは、もうすぐ10年落ちになるお世辞にも最新の車種ではなく、ハイブリッドカーや低燃費車のようなエコカーでもありません。以前のTOYOTAヴィッツのほうが燃費性能上でした。
車体も小さく小回りが利き運転のしやすさで言ったら以前のほうが良かったです。それでも私はいま「SUBARU」インプレッサに乗っていて以前とは比べ物にならない満足感を得ています。

パジェロミニが大好き

平成9年式のパジェロミニを中古で32万円で購入して早4年が経ちました。走行距離は14万キロに及びました。この距離を3倍すれば月にも行けてしまう走行距離です。思えばいろいろありました。購入したのは離婚直後で足がなく、自転車でぶらぶらしているときにふと目についたのがこのパジェロミニ。思わずその場で買いました。「こいつは長い付き合いにあるな」と。それからこのパジェロミニには泣かされた。

 

購入直後にフロントのライトが切れて片目走行を余儀なくされ、続いては窓が突然開かなくなったり(古くてばねが切れた)、事故をしてフロントバンパーが真っ二つにへし折れたり(これは私が悪い)、先日はタイヤが突然バーストして2キロの距離をグワングワンと走ってみたり(修理に5万かかった)おそらく修理費と車検代だけで元手以上はかかっているでしょう。別にいいんです。

 

離婚直後の落ち込んでいる時期に思わ衝動買いしたこの安いパジェロミニとの思い出は、立ち直った今でも忘れられないいい思い出です。なんなら事故と修理の日々でしたが、なにかと世話を焼かないといけないこのパジェロミニがかわいくて仕方がないんです。エンジンがぶっ壊れるまでこいつに乗ろうかと思っています(危ないな)。

頑張れジムニー君

我が家の愛車は20年以上前のジムニーです。
雪国に越すことになりFF車をゆずり四駆に買い換えよう?さて、どうしよう?と車好きの主人が中古車サイトなど探し始め、そこでようやく私も車に対して興味を持ち始めたのでした。
と言うのも、私は車の運転免許を持っていないので正直、車なんで分からないしどれでもいいや?くらいにしか思ってなかったのです。
とりあえず雪国で暮らすので最低条件は四駆。
他はよく分からないので色や形が気に入ったものくらいしか判断できませんでした。
目についたもの片っ端からこれは?と主人に聞きながら決めていきました。
車屋さんで勤めた経験もある主人なので車のデザインだけじゃなく性能含めかなりシビアなジャッジ。
私はとにかくレトロな四角っぽい車を探しまくりました。
そしたらちょうど見つかったのがジムニーシエラ!軽じゃなく普通サイズなので税金が安くないのはちょっと痛いところですがとにかくデザイン、色がいい!!カスタムされていたので、色は純正にはないかわいいオレンジ色で一目惚れでした。
かなり古いので主人が何というか心配でしたが、珍しく意見も一致し、買うことに。
もう、かわいくてかわいくて、たまりません!これはやっぱり人任せじゃダメだなと思い立ち、かなり年をとってしまいましたが免許を取ることにしました!そしてもうすぐ取れそうです。
マニュアルなので覚えること満載で本当に運転が難しいのだけど、自分で運転できる楽しみがこれからあるので頑張れそうです。
年式がかなり古くて、やはりダメになっちゃった箇所もいくつかあるのですが元車屋の主人。
全部直してくれました。
主人いわく、ジムニーは愛好者がとても多いので古いものでも部品が豊富なので直すことが可能。
熱狂的な愛好者はブログなどに色々情報を載せてくれているので、故障も調べれば直す糸口が見つかるので本当に助かる!!との事でした。

 

私も免許を取ったら少しづつ知識をつけて、少々の事なら自分で直せるようになりたいなと思っています。
まだまだ大事に乗り続けるゾ!!。

これから売る愛車の日産ティアナXVについて

11年式のティアナに乗っています。
エンジンは、2500CCですがレギュラーガソリンなので、ランニングコストが安く済み助かっています。
但し、4〜5人乗車では、さすがに加速時のパワー不足を感じてしまい、アクセルを踏み込んでしまいます。
ボディーサイズのわりに室内は結構広く、大柄な私が座ってもゆったりしています。
エアコンは、運転席、助手席が独立して温度設定できるセパレートエアコンになっている為、「暑いから温度を下げて」等のトラブルは一切なく快適に運転に集中できます。
前席はパワーシート仕様になっており、特に運転席はオートドライビングポジションが装着されており、ドアを開けるとセットされた位置にシートがスライドしてくれるので、乗り降りがとても楽です。
また、助手席シートはパワーオットマンが付いており、少しシートを倒すと自宅のソファーに座っているようなリラックスした気分が味わえます。
後席のシートは少し高めに設計されているようで、前方視界がいいので圧迫感少なく、ソフトな乗り心地と併せて長距離ドライブでも疲れが少ないようです。車買取 口コミ
さらに足元の空間も広々としていますので、4人乗車でも窮屈さを全く感じません。
車売るなら高級車の位置づけとコストパフォーマンスは最高だと思いますが、ひとつ残念なのが人気がありません。
ゆったりドライブを楽しみ、買い替えをせずに長年乗る方には断然お勧めです。
車を売る時に重要な事が分かります

スズキのシボレーMW…まだまだ売らないはよ!!

私の車はスズキのシボレーMWです。
就職が決まったときにお婆ちゃんが買ってくれました。
なぜこの車にしたかというと、私は始めラパンを購入しようと思っていました。
ですが、当時ラパンはすごい人気でどこに電話してもありませんでした。
ラパンを扱っているお店をやっと見つけて行ってみると私が購入したかったラパンはすでに売れていて茶色の物しかないと言われました。
ラパンを入荷するとすぐに売れてしまうので入荷する間で待ちますか?と言われ出直すのも嫌だったのでほかの車にすることにしました。
どれを見ても気に入らなくて諦めていたときに店員さんがシボレーのMWを進めてきました。
全然興味が無かったのですが、シボレーのマークが気に入って勢いで買ってしまいました。
何で買ってしまったのだろうと凹みましたが、職場のみんなが格好いいと言ってくれてこの車にしてよかったと思いました。
今はこの車が大好きで次の車はまだ考えられません。
今年で6年目になるのでたくさん傷があり、こんなに乗るのならもっと大事に乗っていればよかったと反省しています。
息子も生まれ少し狭くも感じますが、息子も車に乗るのが大好きなのでたくさんドライブに行きます。
これからもたくさんこの車に乗って出かけたいです。

このページの先頭へ